坐骨神経痛(狭窄型)の生活上の注意点とは?

坐骨神経痛(狭窄型)の生活上の注意点とは?

チャンネル登録はこちらから↓

埼玉の姿勢矯正士。大沼です。

今回は、坐骨神経痛(狭窄型)の人が普段の生活で注意しなければならない事についてお

伝えしていきたいと思います。

 

前回は、主に2つ存在する坐骨神経痛の原因の1つである「ヘルニア型」についてお

伝えさせてもらいましたが少しは理解できたでしょうか?

 

今回お伝えする「狭窄型の坐骨神経痛」ですが、簡単なイメージとして表現すると、

文字通り背骨の中の神経が通るトンネルが狭くなってしまうことが原因で生じる症状

になります。

 

このトンネルは、上体を後ろに反ることで余計にトンネルは狭くなります。

そして痛みや痺れが強まってしまうのが特徴です。

前回のお伝えしたヘルニア型とは真逆の動きで症状が出てしまうんですね。

 

また、このトンネルを狭くしてしまう要因は様々ですが、椎間板靭帯、骨など形が

徐々に変わって変形してしまうことが原因の1つと言われています。

 

ですので、年齢が高い人ほどなりやすいとも言えますね。

その他、トンネルを狭くしてしまう病気としては

 

腰椎分離症、すべり症:骨が骨折して離れてしまい、前に滑った状態

変性側湾症:背骨が左右に曲がった状態

腰椎変性すべり症:関節の変性によってズレが生じ、神経の通り道を狭くした状態

 

などがありますので、お医者さんか専門家の方にこう言った病名を言われた方はぜひ

チェックしてみてください。

 

次は、日常生活上の注意点に関してお伝えします。

まず、気持ち次第ですぐ実践できることは、「肥満にならないこと」と「喫煙しない

こと」です。

 

肥満になると、お腹が出てきてしまい腰を反る原因になります。

喫煙に関しては、血管を収縮する作用があるので血流が悪くなって神経に悪影響を及

ぼします。

 

そして、何と言っても大事なのが「反り腰にならないように意識する」こと。

そして「長時間同じ姿を取り続けないこと」です。

 

でも、人はほぼ無意識で生活しているので、常に注意して生活していくのは大変です

よね?

 

それに症状が出ている人は、長い期間を経て少しずつ体の状態が変化した結果症状と

して現れますから、体の筋肉やその他の組織が硬く、縮こまっていることが簡単に想

像できます。

 

反り腰が強いかどうかを判断したい方はコチラのページを参考にしてみてください。
http://www.descente.co.jp/column/posture.html

 

ですので、反り腰が強まっている悪い姿勢を自覚して、正しいケアしていくことが一

番の近道かと私は思います。

 

今後の投稿では、反り腰を治す具体的な方法についてもご紹介していきたいと思いま

すので是非参考にしてみてください。

腰痛(坐骨神経痛)に効くストレッチ&運動⑴

腰痛(坐骨神経痛)を軽減させるストレッチ&運動⑵

腰痛(坐骨神経痛)を軽減させるストレッチ&運動⑶

反り腰による腰痛・猫背に効く運動(脊柱起立筋・多裂筋)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です