ストレートネックを治すための首(斜角筋)ストレッチ【動画解説付き】

ストレートネックを治すための首(斜角筋)ストレッチ【動画解説付き】

bsPAK85_seijinsikikeitai20140113

ストレートネックについて

ストレートネックについてご紹介します。私たちの首(頚椎)は本来7つの骨とその関節で形作られています。

 

通常であれば、前方へ向かって軽度の湾曲(たわみ)を描いていて、その構造によって様々な衝撃をうまく吸収しています。

 

しかし、スマホやPCが必需品となった今、子供たちですらこの「ストレートネック」になってしまっています。

 

画面を覗きむ生活が習慣化し、顔を含め頭全体が、前下方へどんどん下降し、次第には首の骨(頚椎)も前方へ倒れてきてしまうのです。

 

詳しい説明は過去のページを参考にしてみてください↓

【埼玉の姿勢矯正士によるセルフケア整体】ストレートネックの原因と治し方⑴

【埼玉の姿勢矯正士によるセルフケア整体】ストレートネックのチェック方法⑵

 

斜角筋について

斜角筋とは、「前・中・後」と3種類存在します。

 

今回のストレートネックに影響を与えるのが、首の骨(横突起)から1・2肋骨にくっついている「前斜角筋:左」と「後斜角筋:右」

 

IMG_1842    IMG_1843

ご覧の通り、これらの筋肉は、首を前方へ引っ張り、縮むのです。

 

そのため、長時間うつむきながらスマホを操作したり、PCを操作したりすると次第にストレートネックの状態を強めることになります。

 

詳しい方法は動画にて解説してみましたのでご確認ください。

youtubeのチャンネル登録は、以下のリンク移行後、右上の赤い登録ボタンからお願いします↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です