寝ながら猫背改善!脊柱モールディング③【方法・実践編】

寝ながら猫背改善!脊柱モールディング③【方法・実践編】

その他の動画をご覧になりたい場合はYouTubeのチャンネル登録をオススメします。下記のリンク移動先にある「チャンネル登録」ボタンを押してください。

※脊柱モールディングシリーズをまだご覧になっていない方は上のリンクからご確認ください。

脊柱モールディングの実践をする前に注意するべきことは?

脊柱モールディングについて概要と準備を説明してきました。今回は実践編ということで、具体的な方法について紹介していこうと思っています。が、その前に幾つか注意しておくべきポイントがあります。それは、

「姿勢のタイプによって若干方法が異なる」

という点になります。ただ丸いタオルの上になるだけの行為ですが、ちょっとしたポイントを抑えるだけで効果に差が出てきます。

以下に3つの姿勢を紹介しますので、各姿勢に合わせた方法で行いましょう。

①後弯前弯タイプ(典型的な猫背姿勢)

o0357049612995523413

この姿勢が後弯・前弯タイプです。

特徴としては、

骨盤が前に倒れて腰が反りやすい

背中のカーブが部分的に強い

首の前弯(前に反るようなカーブ)

も強い。

 

 

このような点があります。

モールディングを行う上での注意点としては、

中の丸みが強い部分に対してタオルを「横」にして使用する

そうすることで、矯正力が強まります。ただし、痛みが伴う場合がありますので痛みが出る場合は、時間を短めにするか、使用するタオルを柔軟なものに変えるかといった対応が望ましいと思います。

②後弯・平坦タイプ(スウェイバック姿勢)

o0371049612995593687

この姿勢が後弯・平坦タイプ(スウェイバック姿勢)

と言います。

特徴としては、

腰の反りは少ないが、骨盤が前に位置している

広い範囲で背中が丸くなりやすい(後弯)

首が前に倒れやすい

 

 

モールディングを行う上での注意点としては、

中に対してタオルを「縦」にして使用する(軽度の円背姿勢も同様に使用)

首が倒れている根元部分とタオルの端の部分を合わせるようにして使用する

 

脊柱モールディングの実践方法

⑴タオルを床に置く

猫背の場合(横向きで設置)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-10-6-42-19

スウェイバックの場合(縦向きで設置)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-10-6-42-51

腰を反らないようにしっかり膝を立てて仰向けで寝る

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-10-6-43-11

タオルを縦に使用する場合は両腕を広げて20分間キープする

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-10-6-43-46

※はじめの状態では10分程度から開始しましょう。

※スウェイバック姿勢の人はストレートネックになりやすいです。そういった方はタオルの上端の部分と首の付け根部分の位置を合わせるようにして寝ます。

動画を確認しながら正しく行ってみてください。

その他の動画をご覧になりたい場合はYouTubeのチャンネル登録をオススメします。下記のリンク移動先にある「チャンネル登録」ボタンを押してください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です